#15 レイヤード(重ね着)テクニック

Styling Note Styling Note

ニットは一枚でも十分に役割を果たすアイテムですが、レイヤードによってオシャレ感を増したりスタイルアップ効果を引き出すことができます。

ポピュラーなレイヤードに「ニット×シャツ」等もありますが、よりこなれ感が出しやすく旬のニットに合わせるには カットソーを使うのがお勧めです。(下写真は白Tシャツを使用)ディープな配色になりがちな冬ニットに奥行きとさわやかさをプラスすることができるアイテムです。

トレンドのざっくりニットにシンプルな白Tを重ねちらりと覗かせれば、顔回りも明るくしておしゃれ感もアップ。ブラックコーディネートにも程よい抜け感が加わり垢抜けた印象になります。


 レイヤードで覗かせるポイントは3つ「衿」「袖」「裾」です。顔回りはとても重要なのでまずは衿元がオススメですが、ロンTならお袖にも白を覗かせるとこなれた大人コーデになります(下写真2枚)。


ざっくりロングカーディガンやコートインでカットソーを使うなら、薄手カーディガンの挟み込みレイヤードが可愛いです(下写真のピンクのカーディガン3枚と黒1枚)。Gジャンやベストのレイヤードも人気ですが、カットソー×カーディガンなら着ぶくれも気にしなくて済むためチャレンジしやすいと思います。黒カーディガンならどんなコーデにも幅広く使え、色物なら差し色として全体の色調調整にも効果的使えます。

以上、今回はレイヤードについてでしたが、色調調整効果のあるアイテムを加えトータルバランスを調整することでコーディネートの幅を広げることが可能になります。まだまだレイヤードが映える季節は始まったばかりです。是非、自由な発想でコーディネートを楽しんで欲しいと思います。



着画写真で着用したHanesカットソーはこちら(Amazon)



▼Hanes
Hanesは1900年初頭に生まれたアメリカのブランドです。着心地の良い下着を追求し続け今なお進化しています。多くのセレクトショップに選ばれ、最近でもVERYやclassyなどメディアにも数えきれないくらい掲載されている定番中の定番です。(着画写真はは白Tポケットなし、BEEFY-T、サイズ メンズS)

Tシャツは基本メンズメインですがレディースもあります。また、ユニセックスとしても売られており、一般的な女性のMならばメンズのSを選べば良いと思います。中でもメンズのシリーズBEEFY-Tは厚手に作られており、汗を吸収し着心地もよく洗濯しても型崩れしにくくなっていて女性がこのシリーズを選ぶのも定番となっています。デニムのように洗うごとに風合いを増す長く着れる一枚です。

●BEEFY-T参考サイズ [身丈]XS:62cm, S:65cm, M:68cm, L:71cm, XL:74cm
[身幅]XS:45cm, S:48cm, M:51cm, L:54cm, XL:57cm
[肩幅]XS:42cm, S:44.5cm, M:47cm, L:49.5cm, XL:52cm
[袖丈]XS:19cm, S:20cm, M:21cm, L:22cm, XL:23cm
タイトルとURLをコピーしました