#5 ブラウス効果

Styling Note Styling Note

寒暖差が大きいシーズンになりましたね。ジャケット、カーディガン等、パッと羽織れるものが活躍する時期かと思います。ちょっと暑くなるとインナー単体でも人の目に触れる機会があるため、とりあえずボーダー、またはカジュアルなメッセージTシャツなどを使うと楽にコーディネートがまとまります。

羽織り物に合わせる物としては勿論それで間違いはないのですが、今回のお勧めはブラウスです。 ハリのある例えばリネンブレンドのややざっくりした素材のカーディガンなら、インナーは柔らかく軽めのブラウスが上品にバランスを整えてくれます。

ブラウス効果により調整できるのは羽織り物だけでありません。ボトムがカジュアルテイストの時にもブラウスを組み合わせることで同じく上品なイメージに変化させることができます。やわらかい素材であれば引き続き人気継続中のとろみ素材( レーヨンやキュプラを使ったテロテロ感、ドレス感のある素材)、光沢のある物、プリント物でもよく合います。

今回にとどまらず組み合わせ(コーディネート)を使って全体のイメージをコントロールすることは多々あります。綺麗すぎるものにはカジュアルを組み合わせ、カジュアルすぎるものには女性っぽさをプラスするといった方法です。今回の”羽織り物とブラウス“そして”カジュアルボトムとブラウス“の組み合わせはその一例にすぎません。

コントロールと言えば一言ですが組み合わせパターンは無限大です。 他にもデニムにも合わせることでも程よくカジュアルを中和し、女らしさをアップしてくれます。

ブラウス

もし自信がないのであれば、定番パターンも取り入れながら自分で工夫ができるようになるとコーディネートの幅が広がっていきます。また時期時期で何か気になる組み合わせパターンが出てきましたらどんどん紹介させて頂きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました