#10 サテンスカートコーディネート

Styling Note Styling Note

 まだまだ夏の暑さが続いています。無意識に暑さをしのげるお洋服を優先してしまうことが多いと思いますが、そんな中でもアパレルのシーズンサイクルは早足で、8月の終わりには店頭に秋物が並び始めました。すぐに着れそうにない暑さが続く中で秋物といってもピンとこず、何を購入するべきか悩むことも多いと思います。

晩夏商品と言われるもの(いわゆる秋色夏素材)などは無難ですが、慌てて購入しなくても例えばデニムのように通年着れるアイテムがあれば季節の変わり目を無理なくこなすことができます。

 そこで今回紹介したいのはサテンスカートです。サテンといえば光沢とその肌触りが特徴で、フォーマルに欠かせない素材であり、ドレスアップ効果が高くお出掛けイメージがあります。しかし今ではデイリーアイテムとして定着し多数のショップの店頭に並ぶようになりました。(下写真スカートは BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS 16242070368)

サテンスカートコーディネート

普段使いのコーディネートにMIXするとオシャレ度がアップできます。個人的には今季春夏はメッセージTシャツやプリントTシャツなどコットンのカジュアルものに合わせ履くことが多かったです。

 秋はタイトなリブニットで大人シックに (写真↓左) トレーナーでカジュアルダウンさせる(写真↓右)のも良いと思います。冬は肉厚なニットに合わせて異素材感を楽しめます。気になる足元はスニーカーは勿論、ローファーやブーツ、タイツにも相性が良いです。


 サテンプリーツスカートもレディな印象で捨てがたいアイテムです。晩夏なら軽い素材のニットを。写真はややゆったりめのミドルより長めのニットに合わせてみました(写真↓2枚) 。タイトなトップスからゆったりニットにするとイメージが一新し、ゆるかわコーデが完成します。プリーツスカートは甘い着こなしから離れ、できるだけシンプルなものを合わせてスカートに目がいくように注意するとパンツ派の方にも違和感なく履いていただけると思います。(下写真スカートはtitivate)

titivateプリーツスカート(Rakuten)

 落ち着いたカラーが多くなる秋冬はサテンの光沢感で華やかさが加わり、その軽い素材で重たい印象のニットやウールコートとのコーディネートに奥行きを持たせてくれます。実際に私もクローゼットの奥からサテンアイテムを引っ張りだして真冬にコーデすることが多々ありましたので今年は手に取れる場所に移動しました。

 お持ちでない方はぜひワードローブに加えるお好みのサテンアイテムを1枚探してみてはいかがでしょうか。少しだけ大人レディな格上コーデを無理なく手伝ってくれると思います。

サテンスカート(Amazon)
サテンスカート(Rakuten)

タイトルとURLをコピーしました